駐車場での事故を防ぐ方法

category01

車道から駐車場に入ると、気の緩みや早く駐車しようという焦りから事故を起こしやすいです。
まず駐車場内に侵入するときは、二輪車の巻き込みや歩行者との接触に気を付けます。後続車や自分の車を追い越そうとする二輪車に特に注意します。

右折して入る場合は、対向車も確認します。出入り口では一時停止をして、安全に配慮します。
次に駐車場内での走行はスピードを落とします。

基本も充実した立体駐車場のメーカーの特別な情報を載せています。

歩行者の動きが予測しにくく、大きな柱や低駐車している車に隠れて、突然歩行者が出てくる恐れがあります。

スピードは時速3〜4kmの人が歩く速さに抑えます。
雨などで薄暗い場合は、ヘッドライトで車の存在を知らせると良いです。


ただし他の車が必ずしもヘッドラインを灯火しているわけではないので、前方だけでなく左右と後方の確認を徹底します。
車体に傷を付ける物損事故は、駐車スペースに入れる際に発生することが多いです。


またアクセルとブレーキを踏み間違えて、大きな事故を起こす場合があります。



駐車するときは複雑な操作をするので、焦らずに一つずつポイントを押さえながら操作します。



バックで駐車する場合は、窓を開けてシートベルトを外すと自由に体を動かすことができます。
ドアを開けると、横の車にぶつけたり運転席から物が落ちたりするので危険です。

体を後ろに傾けると、普段の位置より足がズレることを念頭に置いて、ペダルを踏みます。
発進するときは、左右の車に車体を当てないように、十分前に進んでから曲がります。

立体駐車場のメーカーのみんなの常識

category02

マンションで生活をする際に、駅の近くに住むと、出掛ける時にとても便利ですが、車を持っていればさらに幅広い行動ができて便利なものです。ただし、車の場合には、駐車場の問題があります。...

subpage

立体駐車場のメーカーの最新情報

category02

駐車場を貸す場合、貸主は駐車場賃貸借契約書と呼ばれるものを締結します。この契約書はどのように書いたらよいのでしょうか。...

subpage

これからの立体駐車場のメーカー

category03

自分の車が欲しいと思ったら、車探しを始める前に駐車場を確保しておく必要があります。自宅の敷地内に駐車スペースがあれば問題はありませんが、スペースがない場合やアパート等の賃貸住宅にお住まいの方は借りなければなりません。...

subpage

1から学ぶ立体駐車場のメーカー

category04

マンションで生活していく時に重要なポイントの一つとして、どれだけ円滑な行動をしていけるか、というものが挙げられます。そのためには、駅に近い、繁華街に近い、と言った立地に関することも大切ではありますが、マンションの敷地内での動きのことも考えるとなお良いでしょう。...

subpage