駐車場を貸す場合の契約内容

駐車場を貸す場合、貸主は駐車場賃貸借契約書と呼ばれるものを締結します。この契約書はどのように書いたらよいのでしょうか。

立体駐車場のメーカーの最新情報が知りたい方にはこちらです。

その含めたほうが良い内容をいくつかご紹介します。
まず書くことができるのは、その場所に誰が、どの自動車を停めるのか明確にすることです。

車種、ナンバープレート番号、そして車の持ち主を記載します。また契約期間についても明記するようにします。何年何月何日から何年何月何日までというようにしっかりと日付を書くようにします。


また、駐車料金の金額とそれをいつまでに支払うのかも書くようにします。貸す駐車部分を、また貸しさせたくないと思うかもしれません。



その場合、駐車場に停める自動車に関する情報だけでは不十分かもしれません。それで、それ以外の車を停めることを禁止するという内容を含めるようにします。

さらに、場内におけるトラブルに関しては一切関与しないという内容の文言も含めておくとよいでしょう。

駐車場内におけるトラブルは思ったよりも多く発生します。


車がいたずらされたとか、盗難にあったというようなトラブルです。

もしそういうことを明記しておかないと、後々管理不行き届きということで駐車場を貸している人から賠償請求されることもあります。
それでこの点もきちんと書いておくようにします。
さらに契約に違反することがあったならば、それにどう対応するのかということも明記しておく必要があります。

例えば、賃料の支払いを怠ったときにどうするのかということも書いておくようにします。